自己破産を札幌でやるベストな方法!

債務整理,札幌

自己破産を札幌でするには、まず札幌の裁判所に破産手続き開始・免責許可の申立てを行います。 自己破産の申立てを行う裁判所は、原則として債務者の住所を管轄している地方裁判所です。私は札幌在住なので札幌の地裁です。 自己破産の申立てをすると札幌の裁判所で審査されて、札幌の債務者に一定の財産がある場合は自己破産の手続きが開始されます。

自己破産の手続きというのは、簡単にいうと札幌の債務者の財産を処分して、それで得られたお金を債権者などに分配することです。しかし自己破産を申し立てるほどお金に困っている人が、処分するほどのめぼしい財産を持っていることは稀ですから、ほとんどの場合は手続き開始とともに同時廃止が決定され手続きは終了し、次の免責許可をするか否かの審査に入ります。 免責許可の審査は、まさに札幌の債務者の債務を帳消しにするかどうかを決めるものです。この免責許可決定がなされて初めて札幌の債務者は借金から解放されます。 逆に札幌で免責許可が出ない場合もあります。破産管財人のいう事を聞かないなど、あまりにも不誠実な債務者だと免責許可が出ない場合もあります。

札幌で免責許可がなされれば借金は消えます。これといって生活上の不利益はありません。自己破産しても生活できる最低限度の財産は残るので、以後も普通に生きていくことができます。 それなら何度でも自己破産して借金を消せると思う人がいるかもしれませんが、それは甘過ぎる考えです。1回したら、その後数年間はできません。 またカードローンや消費者金融を使うことに制限もあります。 だいたい1度自己破産した人には、闇金なら別ですが、まともな金融業者はお金を貸し渋るようになります。 自己破産後は借金をしないで堅実に生きていく努力が必要不可欠です。

自己破産の申立ては本人だけで行うこともできますが、色々と面倒なこともあるので弁護士に相談した方がいいでしょう。自己破産の申し立ての弁護士費用は30万円くらいかかります。 さらに免責許可が出れば弁護士報酬もかかります。そんなお金は無いという人は、札幌の法テラスなどに相談してみましょう。費用を立て替えてくれる場合があります。