自己破産が家族に与える影響は?

債務整理,東京,自己破産

自己破産をして自分の財産が処分されるのは仕方がないにしても、家族の財産まで没収されるのは困る、と心配している人もいるかもしれません。 借金になんの責任もない家族(親や子供、配偶者)が自分で手に入れた財産まで取り上げられるのでは、自己破産をためらって当然です。

しかし、家族のそんな心配は無用です。 例え家族であっても、連帯保証人にでもなっていない限り、自己破産によって全てを失うことはありません。 資産を処分されるのは家族では無く申請した本人だけです。 ただし、実質は自己破産者本人の財産であるにも関わらず、家族名義にしておけば没収を免れる、などということはあってはなりません。名ではなく、実質誰の財産か、という基準で調査されます。 例えば自己破産の申請直前に、マイホームを妻や子供の名前にしたとしても、妻や子供に収入がなければ、実質は本人のものだと認定されます。 妻や子供に収入があったとしても、住宅ローンの名義などから家族等の名前に変更したことはすぐにわかります。

このような財産隠しをすると、自己破産の宣告をしたのに免責が認められない、というような事態にもなりかねません。 自己破産は、免責が認められなければ返済義務はなくなりません。返済義務がなくならなければ、自己破産をする意味などないでしょう。

少しでも資産を守りたい、という気持ちはよくわかります。しかし、債権者の立場になってみてください。お金を貸した相手が、自己破産をして返済できないと言っているのに、これまで通りマイホームに住んで高級車を乗り回していたらどう思うでしょうか。考えるまでもありません。 最も厄介なのは、自己破産を申請する者が住宅の共有名義になっている場合です。住宅はもちろん処分の対象になりますので、競売にかけられます。しかし、競売にかけられるのは本人の持ち分だけで、家族の分はそのままです。持ち分の一部など落札する人がいるのかと思うかもしれませんが、現実にいます。第三者に落札されれば、結局は持ち分に応じた金銭の支払いを求められますので、家族も立ち退きを余儀なくされるでしょう。"