奨学金を自己破産してしまう方法

奨学金,自己破産

奨学金の自己破産が増えていると聞きました。奨学金は基本的に勉学のために借り入れる財貨なので、返済の時の事までそれほど考えないで借りる方が多いようです。そうは言っても実質的には奨学金も、一般的な借金と全く同様で、返済しないとトラブルになるのです。奨学金だからと言って踏み倒すことは実際出来ないと言えます。

奨学金を自己破産することは可能なのででしょうか? 奨学金は、免責不許可事由に該当しないため、これを自己破産することは不可能ではありません。 ですが、賭博や浪費、財産の隠匿やその他不法行為などの、他の免責不許可事由に当てはまらないことが大事となります。 さらに、自己破産手続きに着手する時点で有価証券や不動産など、処分することで返済に割り当てできる財産を所有していないことや、稼ぎが低く返済のの可能性が無いことなど、支払いが不能な状況にあることも必要になってきます。 このような支払い不能な状態とは、一過性の状態ではなく、以前から返済が溜まった状態が続いていて、今後客観的な目線で返済する能力を有しないと見なされる場合に支払い不能な状態と認められます。

そういう理由から、大学等を学校を卒業したてのタイミングにおいて、貯金もなく収入も多くないのでといった理由で自己破産申請手続きが取り組めるかというと、これは他によほどの事情が無い限り出来ないと言えます。 将来において収入アップする可能性が高い段階では自己破産は不可能なのです。 こういった点の判断は裁判所によって為されるわけですが、前もって弁護士や司法書士などと相談して自己破産手続き開始の申請ができるか、大抵の見当をつけることは難しくありません。

ですが、奨学金の自己破産で考慮しなければならないのが連帯保証人の存在です。 奨学金は通常、連帯保証人を付ける傾向が高く、家族や親せきなどを連帯保証人として借入やっていることが大半です。 奨学金の自己破産を行い、借金を行った本人の返済義務が消失した後も、この連帯保証人の返済義務はとどまり続けるものなのです。 その為、奨学金の自己破産をすることにより、家族や親せきなど身近な人にとって大きな迷惑をかけてしまう事になるのです。 また、奨学金の自己破産を行うことによって、自動車ローンや住宅ローンなどの借り入れが数年間は出来なくなり、日常生活が不便となるケースがあります。 奨学金の自己破産は確かに認められるものの、連帯保証人の存在や他のマイナス点を考え、支払いの猶予申請なども考慮して注意深く事を進めることが必要です。 弁護士等の専門家のアドバイスを受けてみるのも方法です。