奨学金の任意整理の原因と解決法!対策の前に、奨学金の任意整理の把握が不可欠

奨学金を任意整理できるの?

任意整理とは、弁護士や司法書士に手続きを依頼して借り入れ金を減免してもらう債務整理をするやり方の1つです。任意整理をする特色としては裁判所を通さなくても借金の整理ができ、債権者との交渉で債務の減免を交渉することです。裁判所を利用しないので官報に住所氏名が記録されることはありません。これに対して、デメリットとしては、お金が掛かることです。弁護士や司法書士に費用を払うことが必要で、債務の金額によっては、やや効果が弱いことになるケースも見られます。

奨学金は進学する際に教育に必要な資金を借りることができる仕組のことです。奨学金と言ってもいくつもの種類があり、大別すると1つは本人に返済義務のない奨学金、もう1つは返済義務のある奨学金なのです。返済義務のあるものでも利息無しで融資するものと有利子で貸すものがあるのです。有利子のものはたくさんの人が利用できますが、返済には利息がかかります。ですが、奨学金といえども実質は借り入れ金であって一般的な借金と変わりなく、卒業後に返済ができなくなる事例が多々あります。奨学金だけがスペシャルな借金というワケではけして無いのです。

奨学金は多くの場合、連帯保証人が必要とされるため任意整理を行うことは通常できません。これは奨学金に限らず担保のある借り入れに言えることであって、こういったときには任意整理以外の債務整理を行うときには連帯保証人が弁済する責任があるのです。その為奨学金を法的な方法で任意整理などのように減免していただくことは無理だと思います。連帯保証人の存在が、奨学金の債務整理解決を難しくしているのです。また以前に比べて取り立てが厳しくなっており、その上減免や免除といった救済措置も実施され無くなりいるなど過酷なものに変化しているのです。とは言っても収入がないなどの正当な理由があれば返済を待ってくれるケースもあります。 そういった理由から任意整理を行う時に、返済能力を持っているのに返済できないといった時には奨学金を除いた借金を任意整理をして借金の総額を少なくすることになります。なお、連帯保証人になった人がすでに死亡しているなどの状況では、自己破産や個人再生など任意整理以外の方法で免責するといった方法もあるのです。 こういったふうに債務整理には様々なテクニックがあるので、ハナから諦めないで、弁護士や司法書士に相談をしてみることをお勧めします。今では債務整理の無料相談も取り扱ってくれる専門家もたくさんいるので、利用されるほうが良いでしょう!