債務整理を札幌でやるときの費用を知りたい!!

債務整理 札幌 費用

債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類あります。 なので札幌での債務整理費用も異なります。

債務整理のうち最も費用が安いのが特定調停で、収入印紙代と切手代を全部合わせても1万円未満の費用で済むケースがほとんどです。札幌でもこの債務整理費用は同じです。特定調停は利息制限法の上限金利まで利子が減額されますが、過払い金の返還請求まではやってもらえません。

債務整理の中の任意整理は弁護士に依頼するもので、札幌だと着手金が3~5万と債権者ごとに3~4万の手数料がかかります。任意整理であれば以後の利息の免除や過払い金返還請求もまとめてやってくれことがあるので、長期にわたり消費者金融を利用して過払い金があれば弁護士に数万の手数料を支払ったとしてもトータルで支払う金額が特定調停よりも安くなるケースがありおすすめの債務整理です。但し、札幌と東京、大阪等を比べると費用が異なる場合があるようです。札幌では上記の債務整理費用が標準のようです。

債務整理の個人再生は弁護士に依頼せずにすべて自分で手続きをするとき、裁判所に支払う手数料は以下の費用が掛かります。札幌地方裁判の場合、申立手数料として1万 、裁判所に予納するお金として,個人再生委員が選任される場合 31万1928円(個人再生委員の報酬+官報公告費用)・個人再生委員が選任されない場合 1万1928円(官報公告費用)です。その他切手代等の費用(1040円×1組,80円×3組,90円×債権者数×2組)。トータルで35万円近い費用がかかります。 札幌の弁護士に個人再生手続きでの債務整理を依頼しますと個人再生委員の費用(報酬)が15万に減額されるので、トータルで30~50万円程度の債務整理費用がかかります。

札幌でも自分で個人再生手続きをしても35万近い費用がかかってしまうので、法律の知識が無い人であれば時間や労力を考慮すると債務問題の債務整理は札幌の弁護士に依頼した方がお得です。

札幌での債務整理の自己破産手続きは、処分の必要がある財産の有無によって必要な費用が大きく変わります。債務整理を弁護士に依頼せずにすべて自分で手続きを行うケースですが、不動産などの資産を持っているときには収入印紙代と切手代で1万前後かかるほか、破産管財人に対する報酬として20~50万が必要です。 処分する財産がなければ自己破産手続きに必要は1~3万程度の予納金だけです。 弁護士に自己破産を依頼する場合には20~40万の費用が札幌でも必要となります。これから債務整理で自己破産手続きをしようとするような人が40万もの弁護士費用を用意は困難な場合があります。このため札幌の多くの法律事務所では手続きに必要な費用は破産手続き後に分割での支払いに応じてもらえます。

上記のようにどの債務整理を選択するかによって掛かってくる費用は札幌でも全然異なります。これらの手続の中からどれを選んだらよいかということについては,個々の債務内容や判断を伴う事項になるので札幌弁護士会が札幌で開設している「札幌弁護士会法律相談センター(多重債務解決センター)」札幌市中央区北1条西10丁目札幌弁護士会館2階 TEL 011-251-7730や,札幌などの弁護士事務所などで債務整理相談をされるのがいいと思います。

債務整理 札幌 街角法律相談所