札幌で任意整理をするには弁護士や司法書士が必要ですか?

債務整理,札幌,

私は任意整理を弁護士に任せて札幌で行いました。札幌でも、よく任意整理も弁護士に頼まないと駄目なの?と聞かれます。札幌で任意整理を弁護士に依頼した体験を踏まえて考えを書いてみます。

札幌などでの任意整理とは債務整理の方法の一つで、利息制限法と出資法と言う法律を利用し、債権者との交渉を行い、借り入れ金を減額し借金問題を解決できる方法です。任意と言う事からも札幌等の裁判所などを利用せず話し合いを行って借金問題を解決できるため、札幌でも弁護士等に頼まず個人での任意整理も可能になります。

しかし、任意整理を札幌等で行うには、利息制限法や出資法と言う法律を知っている事や、過払い金が発生している場合には、取り戻すことが出来る点などや、貸し主との交渉などが必要になるので、弁護士や司法書士と言った法律の専門家に依頼をして問題を整理するのが通常の手段です。札幌でも任意整理は多く行われますが、その大半は弁護士や司法書士が行います。

札幌の裁判所などの場合は、申し立てを行う事から始めなければならないのに対し、札幌での任意整理の場合は過払い金の有無の確認のための取引履歴の開示請求と取引履歴に記載されている金利を利息制限法の上現金利に置き換えての引き直し計算、そして過払い金が発生している場合の返還請求を行った上で貸し主側と交渉を行う流れになるのが特徴です。弁護士等に依頼しないとかなり大変です。

催促などを受けている場合は、通常の生活を送ることが出来ない状態になっているため、弁護士等に手を借りずに借金問題を解決していくと言う事は精神的にも負担が大きいものです。任意整理で弁護士等を使わず個人で債権者と交渉をした場合などでは債権者側は強気な態度を取り、和解案を提示しての任意整理となってしまい、結果的に借入れ金の額が減らず、過払い金についても全額が戻らずに、少ない金額で和解に応じなければならなくなるケースが多く在ります。

これに対し、札幌でもそうですが、弁護士や司法書士は法律を利用して借金問題を解決してくれるので、減額出来る金額についても、個人でやるよりも大きくなります。過払い金についても全額とはならなくても、法律の専門家が交渉を行うので、多くの過払い金を取り戻すことが出来るなどのメリットが在ります。

また、弁護士や司法書士と言った人に依頼をすることで、債権者に対して受任通知を送ることで催促をストップさせることが出来るなどのメリットも在ります。 このように任意整理を札幌で行う場合、弁護士等に頼む方がメリットが大きく安全です。